広建コンサルタンツ株式会社

会社案内

ごあいさつ

私ども広建コンサルタンツは、昭和41年の創業以来、優れた社会生活空間の創造を目指し、地域に密着した数々のプロジェクトのコンサルティングを通じて、社会貢献の一翼を担ってまいりました。

21世紀の現代においては、高機能なインフラ整備へのニーズとコスト縮減、高度情報化、高齢化など、目まぐるしく変化する社会経済情勢を背景として、タイムリーな社会資本整備への対応が強く求められており、私どもに課せられた使命と責任は、今後ますます重大になるものと受け止めております。

加えて、国民の価値観多様化への配慮、潤いある生活環境の創造、自然との調和など、時代が求めるソフト面における各種課題のクリアも重要であり、お客様の多様なニーズに対して迅速かつ的確に応えられるよう、常に真剣に取り組むことを基本理念としています。

私どもの事業展開において、一層の技術力向上とノウハウの蓄積を図って質の高いサービスの提供に努め、お客様から高い信頼と評価をいただけること、さらには社会経済の発展に役立つことを目標として、全社一丸となって邁進する所存でございます。

今後とも、一層のご支援、ご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

広建コンサルタンツ株式会社
代表取締役社長  元廣 和弘

 

自然を活かし、人が生きる。

上質の環境を次世代に引き継ぎたい

人間への敬意、それと同時に環境にも敬意を表すこと。

これは弊社が創業以来一貫して保ってきた経営姿勢です。
社会資本を計画・設計する業務を通して、人々が真の豊かさを実感できる社会の実現に貢献したいという、ヒューマン・エンバイロメントに基づいた願いが込められています。

 

理念を表現したモニュメント“敬意”
(杭谷一東氏作【本社ビル前】)

理念を表現したモニュメント“敬意”

 

未来を視野に自然との共存を目指す

今日までの社会経済システムでは自然の価値が適正に評価されていないため、時として、開発と環境保護の対立が起こっています。

もともと人間と環境は対立する関係ではなかったはずです。ルーツを人類文化の発祥にまで辿れば、人間は集団として各地域に定着するために、土地を利用・加工することで、より快適な生活をするための環境を整備し、造成活動を続けてきました。

人類が歴史の展開の中で多様な発展を遂げてくることができたのは、いつの時代にも、そこに自然の恩恵を受け、人間と環境が均衡を保ち、共存してきたからだと思います。

広建コンサルタンツでは理想の環境とは人間と環境がお互いに尊重し合うことと考え、これを基本にして、望ましい接点を見出すことに努めています。

弊社では未来への指針ともなるべき、私たちの主張<ヒューマン・エンバイロメント>をキーワードとして、常に自然との共存を念頭に、環境に十分配慮して事業を展開していきたいと考えます。

 

ページトップへ